ホーム > Archives: August 2010

アーカイブ: 2010/08

→ 日が短くなってきた →

まだまた、とても暑いのに・・・(~_~;)
暗くなるのが早くなってきたと実感します。
少しずつの気配。。。

☆ 中村農場 ☆ 八ヶ岳

中村農場.jpg

15日の午後からスタッフと向かった八ヶ岳・・・
時間が余りないので、前もって調べ、皆でスケジュールを決めていました。
白州蒸溜所の見学は10:00〜15:30なので次回ということに(~_~;)
http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/guide/

中村農場で夕食と決めて行ったのだけど、
うかつにも予約をするのを忘れていました。
TBS「ぴったんこ☆カンカン」で813日放送されてしまったのもあって、
着いて予約をしようとすると、既にいっぱい!!!

5:00で閉店だった売店を開けて下さったのでお土産を購入したり、
吐竜の滝 へ行ったりして、やっと入れましたvvv

甲州地どり最高(*^_^*)オイシイ〜♪(*^_^*)オイシイ〜♪

↑ 夏の合宿 ↑

行きは5:30近くに出て戴き、
帰りは速くはやく・・・とせいて、
けれど3時間かからず、ラッキー♪
6:15には呑んでいましたvvv
ご参加の皆さま有難うございましたm(__)m

§ バジル 豆腐 § 柴又 遠田

バジル豆腐.jpg

村上さんがくれたバジル豆腐(*^_^*)オイシイ〜♪
変わり豆腐って色々あるけれど、とか胡麻しか買ったことがありません。
このままで、イタリアンなやっこになっています。
伊豆大島の海水にがりを使っているらしい・・・
今度は普通のお豆腐も買ってきて!!!いつもながらズウズウシイ(~_~;)

とうふ処 遠田
葛飾区柴又6の7の4

『 白ぬか床 水茄子漬 』

白ゆか床 水茄子漬.jpg

今シーズンは何故かタイミングが悪くて、
水茄子をまだ注文していませんでした。
それが・・・新宿高島屋さんへ行ったら・・・
白ぬかだけで漬けられた水茄子がありました。

には赤ぬか・中ぬか・白ぬかと種類あるそうです。
玄米を白米に精米する時に種皮と胚芽部分から取れるのが糠で、
お米の約%くらいだそうです。その中でも、
白ぬかは%程度しか取れないそうで、とても貴重ですよねvvv
クリーミーな白ぬかに包まれた水なす最高(*^_^*)オイシイ〜♪

おつけもの処 高野
http://www.rakuten.ne.jp/gold/tsukemono-takano/

☆ つり舟割烹 三河屋 ☆ 鰯&秋刀魚

急に誘われて三河屋さんへ行きましたvvv
大羽を食べたいという話で行ったけれど、
偶然さんまもありました(*^_^*)オイシイ〜♪
カメラ持っていかなかったので、写真はナシ!!!
あっち向いて笑わなくっちゃぁ〜♪

§ クーニャン 姑娘? §

くーにゃん.jpg

辞書ではクーニャン姑娘・・・未婚の女性・娘とありました。
ほうずきみたいになっているらしいけれど・・・
甘くて、小さな種がはいっていて、ざくろのようななしのような・・・
とにかく初めて見たもので、初めて口にしました(*^_^*)オイシイ〜♪
詳しくご存じの方がいらしたら、教えてください!!!

『 アローカナ卵 甲州地どり卵 』 中村農場

アローカナ.jpg

中村農場で甲州地どり卵とアローカナ卵を購入。
ちょっと卵アレルギ−だけど、美味しそうなので食してみたくて、
Y家とS家とでシェアしましたvvv

アローカナはゆで卵にしても、とても美しいライトブルー色の殻です。
栄養豊富でレシチンが一般卵の約2倍含まれているそうです。
殻は少し硬いけれど、とても濃厚(*^_^*)オイシイ〜♪

甲州地どりは本来、肉用地鶏な為、餌を食べる量が多く、
それに対して卵を産む量が少ないそうです。
濃厚でコクがあって、とても美味しかったです。
アレルギー反応はでませんでした(*^_^*)ラッキ〜♪

中村農場
http://www.nakamuranojo.com/

# 吐竜の滝 #

吐竜の滝.JPG

中村農場の夕食まで待っている間に、すぐ近く吐竜の滝へ行きました。
駐車場から滝までは歩いて約10分くらい。
岩間から清流が上から落ちるさまの神秘さ
竜が水を吐く様子にみたてて、名づけられたそうです。
落差10m、幅15mのとても優雅な滝(*^_^*)キモチイイ〜♪
断崖の途中から湧き出した地下水が落下する滝を「潜流瀑」というそうです。
マイナスイオンを沢山浴びてきましたvvv

♪ 黒生てんぺと茄子炒め ♪

黒生てんぺ.jpg

登喜和 食品黒生てんぺを戴いたので、
茄子・玉葱・ピーマンと炒め、胡麻と味噌で味付け(*^_^*)オイシイ〜♪

テンペは、納豆と同じ大豆の発酵食品ですが、納豆と違って、
ほかの菌の影響を受けやすいため、登喜和の「生てんぺ」は、
製造環境から徹底して雑菌を排除するなど、万全の態勢で製造しています。
また、「生てんぺ」の新鮮なおいしさを保つため、
二重構造の袋に入れて真空にし、カビなどの繁殖を抑える
不活性ガス(窒素ガス、炭酸ガス)を充填する「ガス置換包装」を採用しています。

・・・だそうです。不思議な食品ですよね。
今度、登喜和食品の納豆をお取り寄せしたいと思いますvvv

1/4 >>

ホーム > Archives: August 2010

検索(ブログ内)
Yahoo!検索(ブログ内)

プロフィール
フィード
過去の記事

このページの先頭へ戻る