ホーム > 旅行 > 国内

国内

# 2016kmのドライブ #

北のハテ.jpg

八戸で高速道路を下り、国道338号北浜街道をひたすら走ることになった。
できる限り海のそばを走りたいとのこと。
三沢を過ぎて下北半島に入り国道279号田名部街道にでて、
ついたのが「ここ本州最北端の地大間崎!!!

お天気は最高。函館山から恵山岬にかけての北海道の海岸が目前に広がる。
対岸に位置する北海道の汐首岬との間は僅々18km。
仏ヶ浦(佐井村)をとおって、青森へ。
とにかく大間に行きたい・大間でマグロを食したいという希望は叶った。

最初一緒に日赤へ行ったのは1030日(水)
私は1113日(水)に入院検査した。あれから既に6カ月経っている。
52日間かけて太平洋をヨットで横断したのだから、
かなりの精神力を持ち合わせているのだろう。尊敬する。
ままならない事・どうしようもない変化にオロオロしている自分が恥ずかしい。
とりあえず、次は熱海八ヶ岳氷見と約束で繋いだ。

# サンメドウズ清里 #

1175332_528478747234412_646031189_n.jpg

皆で八ケ岳の近くに行ってきました(*^_^*)スズシイ〜♪
佐々コーチのリクエストでサンメドウズ清里のパノラマリフトに乗って、
山頂までいきました。ゲレンデのユリは終わりに近づいていましたが、
展望ヒュッテの近くの花壇のオリエンタルリリーはとても良い香りでした。
標高1900メートルの山頂から目の前に広がるパノラマを楽しみました。

サンメドウズ 清里スキー場/ハイランドパーク
山梨県北杜市大泉西井出8240-1
http://www.sunmeadows.co.jp/index_02.php

CA46H4J4.jpg

# Setouchi Triennale 2013 #伊吹島

135_oscar_s.jpg

3年に1度開催される瀬戸内国際芸術祭2013年は、
季節の移り変わりを楽しみ、ゆったりした気持ちで島々を巡ることができるよう、
春、夏、秋の3シーズンに分けて開催されるそうです。
瀬戸内海の12の島+高松・宇野
直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 /
沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] /
粟島[秋のみ] / 伊吹島[夏のみ] / 高松港・宇野港周辺

観音寺港から夏のみ開催されるという伊吹島真浦港に船で向いました。
周囲5.4kmの小さな島には坂が多く、迷路のような路地が続きます。
汗だくになりながら、作品を探しながら、歩きました(^_^;

とくに印象的だった作品

大岩島2 大岩オスカールさん
廃校になった小学校の体育館に、ドーム型の島が出現。中に入ると、マーカーだけで瀬戸内の風景を丹念に描いた360度パノラマの世界を体験できる。

夜想曲 向井山朋子さん
東北を襲った津波により、石巻の小学校にあったグランドピアノが楽器としての生命を奪われた。泥が堆積したその2台のピアノを用いたインスタレーションを行う。

瀬戸内国際芸術祭総合インフォメーションセンター
香川県高松市サンポート1番1号 高松港旅客ターミナルビル1階
http://setouchi-artfest.jp/

春|3月20日[春分の日]—4月21日[日]33日間
夏|7月20日[土]—9月1日[日]44日間
秋|10月5日[土]—11月4日[月・休]31日間

# 道後温泉 #

300PX-~1.JPG

日目の夜は温泉にでも、ゆっくりつかって疲れをとろうと考えて、
道後温泉のホテルを予約しておきました。
足摺岬から向かったのですけれど、道路を把握していない上に道を間違え、
着いたら夜の9時をまわっていました。
ひなびた温泉街だと思っていたのですが、歌舞伎町のようなネオン街(@_@;)
宿泊は出来る限りシングルをとり、各人のんびり寝ようと考えていたので、
ホテルを選んだからかもしれませんが・・・かなり印象が悪かったです。
とにかく、高知は広かったぁ〜泊は失敗でした。

道後温泉旅館協同組合
http://www.dogo.or.jp/
道後温泉は、日本書紀にも登場するわが国最古の温泉です。
どっしりとした構えの本館上の振鷺閣(しんろかく)には伝説の白鷺を据え、また
毎朝6時に太鼓の音で開館を告げるなど、歴史ある温泉情緒をかもしだしています。

# 足摺岬 #

800px-Ashizuri_Cape_07.jpg

大岐の浜から足摺岬に向かいました。
お天気に恵まれて、四国最南端の岬ではずぅ〜っと紺碧の海が広がります。
展望台からは180度以上の視界が広がり、地球は確かに丸い(*^_^*)キレイ〜♪

ずっと携帯電話の調子が悪く、昨日DOCOMOに行ったら、
何故か新しいものと交換してくれました。
SDカードにデーターを移したつもりだけど・・・
ここからの写真は全てありません(*_*;ゲゲゲ↓
まっ思い出沢山だから良いとしましょうか。
走行距離がここで1200?越しました。まだまだ続きます。

# 第1番札所 竺和山 一乗院 霊山寺 #

四国八十八ヶ所霊場の全行程はおよそ1460キロ、365里におよぶといいます。
八十八という数字は、男の厄年42歳、女の厄年33歳、それに子供から大人になる13歳を足したものらしいです。
まず、第1番札所 竺和山 一乗院 霊山寺を訪ねることにしました。

霊山の釈迦のみ前にめぐりきて
よろずの罪も消えうせにけり


少しは清らかなけがれのない身になりたいと思い、札に気持ちをこめました。
最初は「何処々の誰々が来ました」と記すために木製板で作った納め札を
寺に打ち付けたのが始まりだそうです。
それで札所のお寺へお参りすることを「打つ」というと知りました。

白い納め札は1〜4回四国遍路をした方・青い納め札は5〜7
赤い納め札は回以上・銀の納め札は25回以上
金は50回以上・錦のお札は100回以上
お遍路をされた方が納められるそうです。
納札入の中に、時々色のついた納め札がみえ、
沢山の方が何度も足を運んでいらっしゃるのだと思いました。
遍路は社寺を巡ることで功徳を積むという素朴な信仰とありますが、
かなり深いもので、似非で周っている自分が恥ずかしくなりました。

# 似非お遍路さん #

1005351_513626148719672_648859763_n.jpg

何故、似非お遍路さんに行こうと思ったのかな?
アンさんが四国へ行きたいといったから。
四国が好きになったから。
四国に住んでいる友達みんなに会いたいから。
四国の美味しい料理を食したいから。。。。。
全て正しいのだけれど、確たる目的もなく、敢えて準備もせず
自宅から車で、とにかく徳島を目指しました。

大鳴門橋の足下、太平洋と瀬戸内海から流れ込む潮流が、
鳴門海峡でぶつかり合って渦潮が出来るそうです。

# CROSS HOTEL 大阪 #

今まで大阪に行った時はいつもJALとかHYATTホテルとか、
もう少し安いホテルに泊まったりしていました。
アンさんと一緒なのでクロスホテルに今回はしてみました。
何といっても決めては深いバスタブと洗い場があることでした。
彼女はすっごくお風呂好きです。
例年なら温泉に行くのだけど、時間がなくて行けなかったので、
温泉の素をもっていって、リラックスしてもらいました。
20110305142109872.jpg

考えてみたら・・・日本のホテルなのに、洗い場がないのは不思議(T_T)
お掃除が大変なのかな?!
とても素敵なホテルでした(*^_^*)ノンビリ〜♪

CROSS HOTEL
〒542−0085
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2−5−15
06−6213−8281
http://www.crosshotel.com/osaka/
南海グループの経営していたホテルリーヴァ心斎橋が
オリックスグループに移行して、クロスホテルと名前を変更したようです。

# SUPER CRAFT TREE #

スカイツリーとアン2.jpg

アンさんとスカイツリーに行ってきました。
2人でエレベーターの速さに驚いて、高さに震えながら(~_~;

スカイツリーというネーミングにどうも彼女は違和感があるようでした。
空の木???・・・言いづらいし、覚えにくいみたい。
公募して決まったみたいだけど・・・。

SUPER CRAFT TREE
アートディレクターはインテリアデザイナーの橋本夕紀夫氏。
高さ3.5m幅22mの壁面に12のテーマによる作品が並べられていました。
染小紋・竹細工・漆・和紙・簾・提灯・磁器・組子・金箔・飾り結び・江戸切子・バネ

☆ 上野屋 ☆ 湯河原温泉旅館 源泉

上野屋さん.jpg

アンさんと泊った湯河原の旅館は上野屋さん♪
300年あまり前に湯屋としてはじまり、
江戸時代には水戸光圀公も湯治にやってきたという歴史ある旅館です。

建物は昭和5年築の木造5階建ての本館と
大正12年築の別館、昭和11年頃築の玄関棟の3棟。
2010年に国の有形文化財として登録されたそうです。

風情を感じさせてくれる館内はとても綺麗に清掃されています。
また温泉が柔らかなことといったらありません。
東京のこんな近くに良質の温泉があるなんて知りませんでした。
芒硝泉」無色透明で塩気が少しあり、
やけどや傷・肌荒れに効き、飲めば胃腸にもいいそうです(*^_^*)ツルツル〜♪
お料理も美味しく、女将さん・仲居さん方もとても親切でした。
また是非ぜひ伺いたいですvvv

湯河原温泉旅館 源泉 上野屋
http://www.uenoya-net.jp/

1/2 >>

ホーム > 旅行 > 国内

検索(ブログ内)
Yahoo!検索(ブログ内)

プロフィール
フィード
過去の記事

このページの先頭へ戻る