ホーム > ちょっと思うこと > 関 頑亭 先生

関 頑亭 先生

国立市の彫刻家、関頑亭がんてい(本名・保寿)99歳

20年以上にわたって作り続けてきた不動明王座像を完成させた。
興福寺(奈良市)の国宝・阿修羅像と同じ技法
「脱活乾漆造だっかつかんしつづくり」を独自に研究して、制作した。
憤怒の表情を浮かべているが、不思議とぬくもりを感じさせる作品になった。

「人が祈りをささげる像だから、作る人におごりがあってはならない。
そのおごりをそぎ落とすことが難しい」

http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20180226-OYTNT50194.html

コメント:0

コメントはありません。
コメント 入力
入力項目を記憶する

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://kirin.cc/sb.cgi/4390
この記事へのトラックバック一覧
関 頑亭 先生 from きりんのツノ
トラックバックはありません。

ホーム > ちょっと思うこと > 関 頑亭 先生

検索(ブログ内)
Yahoo!検索(ブログ内)

プロフィール
フィード
過去の記事

このページの先頭へ戻る