ホーム > ちょっと思うこと > 「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」

「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」

東京国立博物館へ行ってきた
三筆の空海・橘逸勢の書
仏舎利を納める金銅火焰宝珠形舎利塔
秘仏や本尊を含む仏像など66体
などなど・・・たくさんの国宝や重要文化財
すごい パワー エネルギー 波動 気
何か解らないけれど圧倒されてしまった

DSC_3835.jpg

悉達太子座像
像高50センチ余りの坐像 寄木造 玉眼
目が何かを語りかけてくださっているような
豊かな表情と柔らかな手

DSC_3832.jpg

なかなか後ろのお姿をみれないので
博物館での展示は面白い

DSC_3833.jpg

1000年以上も保存されていること
またこれだけの物を搬入したこと
全てが驚きの特別展でした

けれど御朱印コーナーはちょっとどうかな
やり過ぎではないかな

コメント:0

コメントはありません。
コメント 入力
入力項目を記憶する

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://kirin.cc/sb.cgi/4396
この記事へのトラックバック一覧
「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」 from きりんのツノ
トラックバックはありません。

ホーム > ちょっと思うこと > 「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」

検索(ブログ内)
Yahoo!検索(ブログ内)

プロフィール
フィード
過去の記事

このページの先頭へ戻る