ホーム > ちょっと思うこと > お花 >

絃.jpg

和ばらの新しい品種
雅ブラウンというのは仮の名で
となったようです(*^_^*)ステキ〜♪

www.rosefarm-keiji.net

幾重にもなる花弁の重なりの中心から、
なんとも深みのあるグラデーションを魅せる「絃(げん)」。

ダリア咲きの堂々たる咲き姿。ブラウン味を帯びた花弁が織りなす花色。
その姿から、絃楽器が奏でる重厚な音の調べをイメージさせ、
この名前が付けられました。

「絃」はチェロやバイオリンなどの楽器に張る糸のこと。
より楽器のイメージを強調させるために敢えて常用漢字の方ではなく、
「絃」の字を選びました。

収穫前は兄弟である「雅」のように、少しピンクがかった花弁が、
花が開くにつれて次第にブラウン味を増していきます。

絃を伝って音の揺らぎが伝わる楽器のように、
繊細で、知的さを感じさせる一輪です。

コメント:0

コメントはありません。
コメント 入力
入力項目を記憶する

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://kirin.cc/sb.cgi/4431
この記事へのトラックバック一覧
from きりんのツノ
トラックバックはありません。

ホーム > ちょっと思うこと > お花 >

検索(ブログ内)
Yahoo!検索(ブログ内)

プロフィール
フィード
過去の記事

このページの先頭へ戻る