ホーム > ちょっと思うこと > お花 > ミモザ

ミモザ

DSC_0706.jpg

マンションを色々見て回っていたら
すごく大きなミモザの木を発見
香りが余りしなかったのはまだ早いのかな?!

調べて見ると・・・
元々がミモザという花はないそう

・「ミモザ」という植物はない。
・「ミモザ」は、アカシア(マメ科ネムノキ亜科アカシア属)の仲間の花の総称である。
・アカシアにはいろんな品種があり、切花や園芸用として適した品種がそれぞれ使われている。
・日本のお花屋さんで切花として売っている「ミモザ」はだいたい「ギンヨウアカシア」。たまに「パールアカシア」や「フサアカシア」もある。
・アカシアの仲間はオーストラリアやアフリカが原産地。南半球の植物。
・「ミモザ」は本来オジギソウ(マメ科ネムノキ亜科オジギソウ属)の学名だが、葉っぱが似ているフサアカシアがたまたま「ミモザアカシア」と呼ばれるようになり、アカシア=ミモザという呼び名が定着してしまった。
・ミモザは春を告げる花として世界各国で記念日やお祝いに使われる。北半球では3月、南半球では9月。ミモザが咲くとみんな嬉しい。
・はちみつの「アカシア」や、レミオロメンの「アカシア」は、ニセアカシア(Robinia pseudoacacia)という別の植物。アカシア(ミモザ)ではない。

コメント:0

コメントはありません。
コメント 入力
入力項目を記憶する

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://kirin.cc/sb.cgi/4880
この記事へのトラックバック一覧
ミモザ from きりんのツノ
トラックバックはありません。

ホーム > ちょっと思うこと > お花 > ミモザ

検索(ブログ内)
Yahoo!検索(ブログ内)

プロフィール
フィード
過去の記事

このページの先頭へ戻る