ホーム > ちょっと思うこと > 映画

映画

尊く厳かな死

DSC_2163.jpg

「尊く厳かな死」をAnneさんと観てきた
尊厳死の宣言書(リビングウイル)という少し重いテーマ
元気な時の自分を思い出として残したいという気持ちに共感
最後にトークイベントあって
中川駿監督
主演のイワゴウサトシさん
医師役の中野健治さん
日本尊厳死協会副理事長 長尾和宏先生のお話しが興味深かった

すごく暑い日
その後 姉と待ち合わせて河北病院へ
久しぶりにお目にかかるKさんはむくんでだるそう
放射線治療が効きますように祈ります

娘よ

DSC_1621.jpg

これが今の話か 驚く
何と日本は平和なことか
パキスタンの雄大な自然にも見せられた

そして今日から四月

沈黙

沈黙jpg.jpg

寛子さんが付き合ってくれた
ある程度予想していたけど
想像を絶するくらい
重い
怖い
ずっしりきた気もちを分かち合えて良かった

怒り

涙が溢れ鳥肌が立って体がふるえて
座席からすぐ立てないくらいずっしり重く 疲れました
心から信じられるでしょうか 凄い映画でした

一人でなくて良かった
もう一度観たいけれど無理だな

http://www.ikari-movie.com/

『さとにきたらええやん』

『さとにきたらええやん』
https://www.facebook.com/satoeeyan777/?pnref=story

居場所について考えさせられた
大阪弁のニュアンスがチョット難しい
自分の人生をかけてできる彼女を尊敬する

海よりまだ深く

こんなはずじゃなかった日常
この日常を送るしかない現状
樹木さん独特の空気感がすごい


http://gaga.ne.jp/umiyorimo/

ふたりの桃源郷

最期にフサ子さんが、亡き寅夫さんを呼ぶ
その声が山にこだまする
老いるということをまた考えさせられた

山口県玖珂郡美和町。
田中さん夫妻は、子ども達の元を離れ、
電気も電話も水道も無い山奥に暮すようになって20年。
何も無い山だけれど、2人が戦後なけなしの金をはたいて買った大切な山。
夫婦で必死に開墾し、子供達を育てた思い出の山。
山は2人にとっての第2の故郷。
山を下りて欲しい子供達と、山に生きる老夫婦。その葛藤。
山に暮す道を選んだ2人の生きざま、その20年。

http://www.kry.co.jp/movie/tougenkyou/

「サンマとカタール」

「サンマとカタール」をAnneさんと観てきた
これこそ復興!!!近いうちに女川に行きたいと思った

http://onagawamovie.com/

1/1

ホーム > ちょっと思うこと > 映画

検索(ブログ内)
Yahoo!検索(ブログ内)

プロフィール
フィード
過去の記事

このページの先頭へ戻る