ホーム > ちょっと思うこと > お花

お花

クマノザクラ

171216_kumanosakura-300x276.jpg

「和歌山県の人と自然をつなぐシンポジウム〜学び生かそう自然の力」

http://www.nwn.jp/news/171216_kumanosakura/

ラナンキュラス リビエラフェスティバル

DSC_3971.jpg

5年前雪の中引越をしてきて
暖房なども上手く稼働せず
かなり心細く寂しかった時に
お花を届けてくれた直子さんに
改めてお礼を言いに行ったのに・・・
またお花をいただいてしまった
彼女のお花にはいつもメッセージが
こめられている 今回は何だろう
ラナンキュラス リビエラフェスティバル
すごく素敵(*^_^*)カワイイ〜♪

花いけバトルをみて

DSC_3935.jpg
DSC_3936.jpg

花いけバトル
沢山の花・木・草・葉から選んで
たった5分で創りだされる
ダイナミックで斬新な作品の数々
手法を見たことない動の作品が興味深かった

DSC_3902.jpg

第一園芸の新井 光史 氏の作品

DSC_3947.jpg


それぞれの応援者の数が勝敗に繋がる確率が高くなる
決勝までは審査員が大きな点数を持っていたけど
決勝は完璧に来場の方の数で決まった
数をカウンターで数えている人もちょっとアヤシイ
野鳥の会ではないから仕方ないかな

少し欲目でみてしまうかもしれないけれど
明らかにダメなものはダメと選択して欲しいと思う
いくらアイデアが良くても構想通り出来ずに
基礎が崩れた人の作品が選ばれるのには呆れた
今年が最後になるのが解る気がした 残念!!!

花いけバトル

いよいよ明日
花いけバトル‘REAL’ 2017 SUMMER 勝者
“魅惑のフラワーダンディズム”
新井 光史 さんの応援にいってきます

>>電光石火のごとく閃き、思考するより先に身体が自然と導かれ、
軽やかに花をいける。
5分間の制限時間は短いようでいて長いのかもしれない…
と錯覚してしまうのが、新井光史の花と言っても過言ではない。
そこにはストーリーがある。そこには情景が生まれている。
短時間でそのような世界観を紡ぎ出すことができるバトラーが
他にどれほどいようか?
円形の会場、円形のステージ。このステージを熟知し、
その見え方、所作のありかたなど全てを心得ているのが新井光史でもある。
自らのスタイルを崩すことなく、その瞬間を捉え、
いけることを楽しむ新井光史の姿は惚れ惚れするほどダンディなのだ。

https://www.facebook.com/livizm/photos/
pcb.996283027190313/996281803857102/?type=3&theater

生花

DSC_3865.jpg

生花を教えていただいた

万物の基礎三才(天・地・人)になぞらえた
真・副・体と呼ばれる三つの役枝で構成
互いに呼応し水際からすぐやかに伸びたつ姿に
草木に備わる出生美を見る

品格をもって草木の命が表されたでしょうか

清水玉恵(ぎょくけい)社中展

DSC_3770.jpg

「花とともに・・・いま。」
池坊いけばな
清水玉恵(ぎょくけい)社中展

DSC_3774.jpg

枝の使い方がスゴイ
こんな風に表現できるなんて(*^_^*)

DSC_3783.jpg

もうすぐお雛様
飾られているかな

DSC_3782.jpg

タペストリーにお花という自由花
後ろの始末を見れなかった

カサブランカと胡蝶蘭

kana-30siroibasukett.jpg

ローズクラウン

ローズクラウン.jpg

今日から如月
衣を重ね着しなきゃ!
また今晩から雪みたい(>_<)

気持ちだけは明るく持たなきゃ〜
ローズクラウンというカーネーション

1月も色々あって忙しかった(^^;)
申告も近くなってきた
自分のペースをあげて頑張らねば!!!

ハリケーン

DSC_3699.jpg

カーネーションを家に飾ることが少ない
このハリケーンという品種に一目惚れ♡
クラシカルでアンティークな感じ(*^_^*)ステキ〜♪

何となく母を想いだしながら

春隣

DSC_3702.jpg


チュウーリップ(ストライプフラッグ)
アネモネ(モナーク)
連翹(レンギョウ)


枝の扱いを教えて戴いた
爪などを使ってためるのが苦手〜慣れないと!
レンギョウの枝は筒になっていて扱いやすいけれど
ピシと音がでるくらいにしならせるのは少し勇気がいる

<< 2/13 >>

ホーム > ちょっと思うこと > お花

検索(ブログ内)
Yahoo!検索(ブログ内)

プロフィール
フィード
過去の記事

このページの先頭へ戻る