日本列島をほぼ一周した中露艦艇10隻

中ロ合同艦隊が日本を「一周」、これが大きな出来事である理由

「津軽海峡を同時に通過し伊豆諸島へ進んだ
中国とロシアの海軍の艦艇がその後は西へ進み、
鹿児島県の大隅海峡を航行」
とても怖いニュースが流れた
大隅海峡は最も狭い場所では27キロ
津軽海峡は狭いところの幅は20キロもない
そもそも通ってよいことを知らずびっくり😵
「津軽海峡と大隅海峡は特定海域で、特定海域は他にも北海道の宗谷海峡、長崎の対馬海峡の東水道・西水道もある。
そもそも領海は通常海岸線から12海里(約22km)だが、特定海域は狭いことなどから、公の船の航行に配慮し、領海を3海里(約5.6km)などに設定している領海法で定める特別な海域。
では領海の幅を制限した理由は、津軽海峡は一番狭い部分で約20km。
ここを色々な船が通過するが、日本海で核抑止の作戦を行う米国の戦略原子力潜水艦なども海峡を通る。
もし海峡がすべて日本の領海だと、公海部分が消滅し、核が日本の領海を通過する事になる。
そのため政府は核持ち込み禁止などをうたった非核三原則への抵触を非難される事を恐れ、公海部分を意図的に残した。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*